So-net無料ブログ作成
検索選択
ギター ブログトップ

音作りに迷う! [ギター]

 最近、少し暇なときはギターを触る様にしようと考えて、早速、練習しようと考えてみました。課題曲はいまだ決まらない状態ですが、サバス、KISSあたりを考えています。ただ、最近、ふと思いました。家にある。マルチエフェクターをいろいろといじってみるのですが、中々、好みの音が作れないのです。サンプリング音源なんかもあるので、使用してみるのですが、なぜかピンとこない。トニーアイオミにしてもKISSにしてみても、表現は難しいのですが、シンプルでクリーンな低音があって、その低音があるから、ソロの部分もカッコよく決まるのかなと思います。ただ、これが、中々上手く作れない。
また、ストラトに決まるような、良い感じの歪と言うかもなんとなく今一つです。エフェクターの効果もあるのですが、アンプとの兼ね合いもあると思ってみたり、実際のところ、ヘッドフォン練習なので、本当にアンプから出ている音が、スムーズに聞こえているかも疑問に思いました。
 以前、ある有名ギタリストが、好みの音が出ないときにはどうしているかとの質問があって、まず、マーシャルのアンプを使ってみて、上手くいかなければフェンダーの物に変えてみて、なんて記事を雑誌で読んで。なるほどと思う反面、プロだからそれで良いけれども、へたくそ貧乏アマチュアではそういったことはできない。一回音つくりのことを始めてしまうと、段々と深みにはまっていく感じです。こればかりは経験なのかなと思いながら、少しエフェクターを調整したら、また調整、なんてやっているうちに、疲れてしまいました。
 ただ、この辺がエレキギターの面白みでもあるので、頑張って納得いく音が出るまで頑張ってみようとは思いました。
 なんか真の通った低音を考えているのですが、楽器の説明書も、よくいえばシンプルで、機能なんかについては書いてありますが、なんか、講座みたいなものをメーカーの方でインターネットでも良いので、コーナー作って教えてくれたらなあなんて思いました。今はマルチで必要な所も多いのですが個々の機能のエフェクターを連結している方たちは、本当に凄いなんて思った次第です。最近、そんなことを考えてみたら、ミュージシャンの方たちは、LIVEでは、個々の曲についてエフェクトを変えたりギターを変えたりで、どのようにセッティングしたり使用しているのかなあなんて思いました。
 本当に、日々、挑戦です。

ギターのペグ [ギター]

 3連休、家族サービスやら、具合が悪いやらで、なんだか時間を取れなかったのですが、今日は久しぶりにギターを磨いたりしようと思いました。最近、物置を見る暇は無く、スタンドのギターを見ていたら、弦がさびはじめていたり、汚れていたりで、まずは弦の交換のため、弦を外しているとペグの所から、部品がぽろっと落ちてきました。最近触っていないので、落としたり、スタンドから倒れたことは無いと思うのですが、レスポールの1、2弦の部品がぐらぐらで、「これはまずい・・・」という気分の他、今日、一番、弾きたかったのがレスポールだったので、ショックでした。とりあえず、部品があればなんとかなりそうなので、楽器店へ行き、状態を見せて、相談しました。
 レスポールについていたペグはグローバーのもので、単体で販売はしていないため6個セットでの販売とのこと。また、似たようなペグでばら売りもあるけれども、こちらはねじ穴の位置の関係で穴を埋める等の処理が必要。ただ、楽器店の方、曰く、良いギターだと思うので、応急処置的な事よりもグローバーの部品を注文して大切に使われた方が良いのではとのことで、グローバーを注文して家で取り付けることになりました。
 さて、LOGでギターのことを書くことがほとんどなかったので、近況としては、まず、家にあったバカユニのテレキャスタータイプのギターは、自分、気に入っていたのですが、ペグがあまり良くなくて、ゴトーのペグに交換しました。つまようじに木工ボンドを塗って、穴を埋めて新しいペグにしたところ、まあまあの状況で、主にエレファントカシマシの曲(コードを弾くような程度ですが)を弾いて楽しんでいます。
 次にエピのSG トニーアイオミに憧れて、東京で買ったギターで、気に入っています。サバスのバンドスコアとにらめっこするときに良く使用します。
ただ、このギターの購入時は、まず、ギターをと言う状況だったので、SGのスタンダードなものにしましたが、もう少し貯金をしていたら、エピフォンのトニー・アイオミ シグネイチャーモデルを購入していたかもしれません。インレイが十字架なのと、トニーアイオミ、ピックアップが搭載されているのですが、まずは腕を上げる方が先です。
 そして、ついに、フェンダーのストラトキャスターを購入しました。ただ、ジャパンの中古なのです。ブラックのボディに赤べっ甲柄のピックガード、ストラト買うなら、サンバーストかホワイトかなんて考えていたのですが、このカラーリング、気に入ってしまいました。中古なので、古い感じはありますが、これもエレカシやスネオヘアーなんか、弾きたいと思ったときに弾いています。
 上手な腕は無いですが、なんとなく伝統的なエレキギターのシェイプのシリーズが集まりました。後は練習と、コンディションの維持と言うか大切に扱うことかと思います。今日は久しぶりに、全部のギターを磨いたり、弦の交換の必要な物は交換していたら、日が落ちてしましました。最近、思ったのですが、当たり前の話ですが、近所の楽器店と言うか、地域の楽器店、大切にした方が良いなと考えました。インターネットでギターやアクセサリーや部品が買える便利さは本当に便利ですが、その後のことを考えると、楽器店で気軽に相談したりすることができることは大切だなと、バカユニのペグの交換や、中古楽器の説明や対応などで、近所の楽器店にお世話になって感じました。部品が届いたら、部品交換してKISSに挑戦しようかと考えています。
 

楽器店にて・・・ [ギター]

 久しぶりに自分の自由な時間が取れたので、楽器店に行ってみました。ピックやら小物を見に行って、ギターの弦やらピックを選んで帰り際、エフェクターのコーナーをのぞいていると、スタッフの方に声をかけられて、買う気もないのに質問したりして、中々楽しい時間でした。ただ、話しているうちに「ちょっと試してみませんか」との話になり、試奏してみました、ギターはお店のものがあったのですが、先客がいて、エフェクターつないで、大変、難しそうな曲を演奏していて悩んでいる様子でした。さて、試すも何も弾ける曲がほとんどないのに、先客は難しそうな曲を演奏して楽器店のスタッフとフィーリングやら「歪の質」なんて話をしている。別に恥ずかしいわけでもないのですが、なんだか試すのに戸惑いを感じました。(楽器店からみれば上手い下手よりも買ってくれるかどうかとは思いますが)
 試奏でふと、昨年、上京した際に楽器店を覗いたことを思い出しました。その時、カップルがいて試奏していましたが、どうも、男の方は、一緒の女性に「ギターが弾けるぞ」的な感じで、女性はやや冷めた視線で見ているように見えました。また、この男性、「クレイジー・トレイン」やら「ディープパープル」の演奏をしていたのですが、どの曲も出だしの所ばかりで、ソロパートのところ付近になると、女性や楽器店のスタッフに話しかけたりで、有名な曲の有名な部分だけを弾くマニアかと思いました。また、その隣では、見た眼、銀縁眼鏡をかけて、一昔前の受験生風の男性が、フライングVでマイケルシェンカーのソロパートを弾いていたりと、いろいろなギターの楽しみ方もあるものだ?と感じたものです。
 さて、自身の話に戻りますが、先客の方がお店の試奏のギターを使用していたので、スタッフの方が、ちょっとギター持ってきますねと、売り場からフェンダーのストラトキャスター(7万円くらいのものだと思いますが)を持ってきてくれて、エフェクター、アンプとつないでくれました。さて、エフェクターの説明を聞いて、ちょっとコードやらパラパラと弾いてみました。良く考えてみると、フェンダーのギターに触ったのは10年くらい前に友達の家で酔って触った程度で、改めて、弾いてみると、なんだか良いのです。また、自分の持っているギターを考えてみると、テレキャスタータイプのほかにSG、レスポール(エピフォンですが)でハンバッカータイプの物が多い。ストラトは、なんかとても新鮮な驚きがあって、思わずスタッフの方に「エフェクターはともかく、このギター良いですねえ」と言ってしまいました。スタッフの方もここぞとばかりに「このギター良いですよ!」とのこと。買おうにも買えないのですが、自分の心のほしいものリストに入ってしまいました。スタッフの方にはギターのことやら、分割払いについて。教えてもらったのですが、無い袖は振れないので、考えてみますと店を後にしました。
 本家フェンダーで無くても、ストラトタイプのギターは星の数ほどもあり、値段も様々で、調べてみたりもするのですが、やっぱり、いつかはフェンダーで頑張って働いたり、貯金をしようかと小さな決意をしました。ただ、ギターは上を見ればきりのない世界でもあるので、ある程度、弾けるようになることと気に入った一本を手に入れたいものです。

LOG復活! 上半期のベスト! [ギター]

 久しぶりにLOGを書こうと思っていたら。使えない状態になっており、びっくりしていました。書かないときは書かない、書きたいときに書くというスタンスでLOGを書いていたものの、おなじみの方の記事が見れないとなんだか物足りないというか、さびしいというか・・・ 様々な趣味の方の音楽観や新しい情報、以外と楽しみにしていた自分に気がついた2週間でした。
 さて、今年度の上半期を振り返ると、意外とCDを購入したなあなんて思っていました。買ったと言っても5~6枚程度なので少ないとは思いますが、上半期のベストアルバムはこちら
    
 トニーアイオミ&グレンヒユーズの「FUSED」です。(何をいまさら感はありますが、その辺はご勘弁を・・・)
 さて、自己紹介のところで、ギターを始めたことを書いていますが、ギター購入、練習を始めたきっかけは「ブラック・サバス」のベストアルバムを聞いたことが直接的な原因でした。ブラック・サバスのベストアルバムを聴き続けていたら、最初は雰囲気を楽しみ、オジーの存在に圧倒され、気がつくとトニーアイオミのギターリフがずっと耳に残って、気がついたら、ベストアルバム聞いていても逆にトニーアイオミのギターに集中して聞くようになってしまいました。そんなこんなで気がついたら、資金不足でありましたが、エピフォンのSGを買って、ギター教本とにらめっことなりました。
 周囲の友達にSGを買ったことを話したらハルヒの影響?なんて聞かれて、ハルヒを知らない自分にとっては?でした。ハルヒでは無く、トニーアイオミと言ったら逆に友人が?でした。
 トニーアイオミの魅力は、アッと驚くようなギターテクニックではなく、印象的なリフの繰り返しから、段々と盛り上がっていくようなドラマチックな感じでしょうか。このアルバムでも印象的なリフ、展開、そしてグレンヒユーズのパワフルな歌声、あまりにもカッコ良すぎです。また、初期のブラック・サバスの時代と現代では、当たり前ですが機材の進歩やギターの音作りも近代的なものになっています、でも、聞けば間違いなくトニーアイオミのギターであり、自分の確固たるスタイルを持っていることは、地味ではあるけれども、やはりスーパーギタリストであると改めて考えた次第です。
 一時期、現代もそうであるかと思いますが、早弾きのギタリストが目立つ傾向があると思います。自分が高校生や、大学生だった頃は、Xとかの影響なのか、ひたすら早いことを、目指していたアマチュアも多かったなあなんて思い出しました。早弾きは確かに凄いことだとギターを始めて思う反面。サンタナや、高中正義のように、必要な時にピシッと決まったチョーキングであるとかトニーアイオミのように、印象的なリフからのダイナミックな展開、レズリーウエストのように、早いわけではないけれどもパワフルな演奏など、学ぶところが多いなと感じます。ただ、上記のギタリストの方も、早弾きはできるのだろうと思いますが、それよりも印象や、音楽に必要な間ということを追求しているのかと考えてみました。聞くだけでもギターは奥が深いです! 久しぶりに練習場所のシールドの整理など、環境を整えて、練習再開したいと思います!
 

弾きたい衝動! [ギター]

 なんだか疲れきっている今日この頃、ストレス解消のため、一人カラオケにでも行こうかなんて考えてしまうくらい、大声や、大きな音を出したい、または聞きたい。でも、体は疲れているので休養を求めているような感じで、煮え切らない一週間も、終わりそうな感じです。
 さて、最近、なんだか聞く音楽も、ソウルフラワーユニオンやらMODSやらで、洋楽を聴いてジワリと感じる余裕が無いのかななんて思っています。ただ、聞いている音楽が偏っている影響か、結構、音に対して敏感なのか、楽器の音に反応しているようです。
 MODSを聴いていると、ギタリストの方のメインギターがレスポールで、シンプルながら、迫力のある音で、よく、形容される感じでいえば野太い音、なんて印象がぴったりで、そういえば、最近レスポール弾いてないな、先月、磨いたきりだななんて思って、久しぶりに、何か課題曲でも考えて練習に取り組もうかなんて思いつつ、また、あのレスポールモデルを持った時ずっしりと来る感触も良いななんて思いを持ちながらも、気分が乗らないけど、弾きたい気持ちはあると言った状況があって、自問自答が続いています。
 さて、そんな気持ちの反面、ソウルフラワーユニオンを聞いていたら、三線弾くのも良いなあなんて思いました。三線は、家の嫁がこちらに来る際に買ってきたもので、人工皮の良いものとはいえないですが、ギターを買い始めるまでは、こちらを弾いていることがありました。弾ける曲もあまり無いのですが、たまに弾いてみると、音色が良いというか、ある種、概念が取り払われるような感じがGOODです。ただ、当たり前のことですが、こちらはアンプが無い分、ヘッドフォンつけてって訳にも行かず、手軽な分、騒音になるようで、近所の人に「三線弾くんですか」なんて通勤時に聞かれたり、嫁から、ずっと弾いていないから(三線自体の)音が悪くなって、非常に耳障りとの意見もあり。日中にどこかで弾いた方が賢明な感じです。「満月の夕」とかに挑戦しようなんて考えながらも、こちらも弾けないままになっています。
 考えてみると、弾きたい気持ちは本物ではあるけれども、気力が不足しているというか、楽しめるかと考えると、もう少し気持ちの余裕が必要だなと思います。生きていれば、ストレスや面白くないことがいっぱいなのも当たり前と思いながらも、上手く解消したり、気持の切り替えがうまくないのかななんて思います。まずは、肉体の疲労回復、余裕の持てる計画を立ててから、思いっきり、楽器を楽しみたいものです。

久しぶりにギターを弾きたい! [ギター]

 3月中旬からずっと、忙しい日々が続いていて、移動の際、音楽聞くくらいしか楽しみを持てないというか、日々にただ、流されているだけで、家に帰れば、テレビパソコンニュース見たり、LOGをチェックするくらいで、あっという間に時間が過ぎてしまって・・・ ギターを弾きたいという気持ちはあるのですが、思い切って没頭できない。スライドバーやら、教則本やら、いろいろと、機材なり環境はそろってきてはいるものの、弾き手の疲れがたまっているようです。
 逆に、そういった時こそ、気分転換が必要とは思うのですが、久しぶりに練習を開始しようとすると、子供が喧嘩し始めたり、嫁さんのご機嫌が優れず、八つ当たりされたりと、どうも、家族のバイオリズムと自分のバイオリズムが、噛み合っていないのか、自分だけが暇なのか、生活リズムが合っていないみたいです。
 家は住宅地であるので、アンプにヘッドフォンして、夜、練習をすることがあるのですが、音が出ない分、自分の気持ちが乗ってくると、歌も口ずさむのですが、子供にとってはかなり不可解な行動に見えるらしく、子供が嫁に「お父さん、ギター弾いているとは思うけど、ヘンな歌しか聞こえない。そもそも、上手いのか下手なのか」と聞いてきたらしく、嫁は「趣味は楽しむものであって、うまい下手とかより、楽しむことが大切なんだよ」と言ったうえで「自分もヘンな歌しか聞こえないから判断しかねる」と言ったらしい・・・
そこで子供は(これは上手ではないな・・・)と確信したと思われます。なんかあると「それ、なーに」「どうやって使うもの」なんて聞く長男から、ギターについて聞かれることはほとんどなくなりました。
 さて、明日は、少し時間が取れそうなので、久しぶりにメンテナンスしたり、少し音出してみようかと考えています。
 
 明日は久しぶりにこれで、音作りでもしようかと思います。ワウも一応使えるマルチエフェクターなのですが、ワウは踏みつけて使用するので、胡坐してギター、弾いている自分には、かなり使いにくい代物でした。・・・
 

スライドバー?! [ギター]

 ゴールデンウィークに入ったものの、今年はどこにも行かないとの結論になり、明日から子供自転車の練習、その後、余裕があったら、新津美術館に大河原邦夫展を見に行こうかといった予定しかなく、この機会に、最近、弾きたくても弾けなかったギターを弾こうかと思いました。先ほど、少し、弾いてみたら、練習不足で、ただでさえ、動きの悪い指がさらに動かない状態で、気持が折れてしまいました。
 同じ曲ばっかり練習していたので、今度はハミングにならない邦楽をやってみようかと思い、「エレファントカシマシ」のギタースコアを見て、ライブでかっこよかった、「SKY IS BLUE」やってみたいなと思いましたが、我が家にはスライドバーが無く、近所の楽器店で購入しました。こういったものは不思議なもので、長くても、短くてもあまり値段の差が無く、長いほうが得かなあなんて思いましたが、長いと指が動かないんじゃないかと短めのものを選んでみました。さて、はじめてみると、思ったような音が出ない!ミュートとかタイミングとか様々なスキル不足と思いました。雑音が多くなり、思ったような音を出すには、結構頑張らないといけないなと思い始めました。
 さて、スライドギターの名手としては、憂歌団の内田勘太郎が思い浮かびました。一時期、憂歌団がとても好きな時期があって、良く聞いていました。内田勘太郎が以前、雑誌のインタビューでなぜ、スライドギターを始めたのかとの質問を受け、エリック・クラプトンを聞いて、これはできない、弾けないと思い、エルモア・ジェイムス(私は知りませんが)を聞いて、これならと思ったとのことです。ただ、これならできそうとは思ったが、実際はクラプトンと違った難しさに直面したとのことで、かなり、奥の深い奏法なのかと思いました。
 スライドバーで憂歌団を思い出して、久しぶりに聞いてみようかと思いました。まったく青空の想像できない憂歌団の「君といつまでも」なんか、今の気分にぴったりしそうです。

衝動買い! [ギター]

 最近、面白くないことが続いているのか、いまひとつ元気が無い・・・
まあ、大人なんで、外に出れば元気そうに振舞うことはできているつもりですが、なんか飛び上がるきっかけというか、足がかりを探していました。とりあえず、飲む・打つ・買うの飲む以外はちょっと自信がないというか、単純に貧乏なわけです。 
 家にはトニー・アイオミに憧れて買ったSG(エピ)エレカシのライブで、宮本氏・石君の姿を見て、シャリシャリする音が気に入って、購入したテレキャスタータイプのギター(バカユニ)でそれなりに楽しく練習をしており、これ以上買うことはないだろうと思ってましたが、憂鬱な気分を晴らすこととKISSとか弾けたらいいなあという短絡的な思考でLPスタンダード(エピ)を衝動買いしてしまいました。 ろくに弾けないのについ購入してしまうギターもそれなりに場所をとり、嫁さんには邪魔者扱いされ、物置に機材を置く羽目になってしまいました。 ギターの良し悪しについては、良く分かりませんが、まず「重い」 エレカシのライブで石君が鬼のような形相になるのも分かりそうな気がしました。(きっと、まじめで本気の方なのでしょう)ただ、自分が思ったのは音がガツンと出る、パワーがあるなという点でした。以前の「パラノイド」も良く弾けない状況なのに、ギターは増えていく・・・ やっぱり、ギターは魅力的な楽器です。少し、気分が晴れました。さて、今度は何を練習曲にしようかなと思案している今日この頃です。

PARANOID練習中! [ギター]

 ギターの練習を始めたものの、練習本とのにらめっこにも飽きてきました。そこでブラックサバスのPARANOIDの練習をしてみました。バンドスコアでは、完コピを目指そうと書いてありましたが、ギターソロの部分は、見ているだけで悩みます。また、洋楽は当たり前ですが、英語のため、口ずさむのが難しいのでハミング状態であります。現在、練習の候補曲は他に「SNOWBLIND」もあるのですが、まだそこまでたどり着くには月日と地道な努力の積み重ねなのでしょう。自分が学生の頃は、ブルーハーツとかパンクミュージックを弾いている方が多かった事を考えると、そういった曲からはじめるのも一つかもしれません。

テレキャスター [ギター]

 待っていた、MAKOTO SAITOU GOLDEN BEST EARLY COLUMBIA YEARSが手元に届きました。POP ROCK SHOPも気に入っていますが、自分はこの時代の、斎藤誠、とても好きだったのです。1985年当時、自分が、もし、音楽に携わる事ができたなら、ギターや楽器が弾けていたら。この手の音楽をしてみたいと思っていました。
 さて、話題は変わりますが、現在、自分の手には、エピフォンのSGと初心者用のストラトタイプのギターがあります。ストラトは酔った勢いで購入。SGはトニーアイオミの影響です。最後までレスポールと迷ったのですがSGで決着しました。最近ふと考えたのですが、自分の好きな邦楽の音楽を編集していると、例えば、斎藤誠(シンラインがメインギター)もエレファントカシマシもテレキャスターを愛用していますね。また、ストラトもよいのですが、メインギターとして使っている方々はクラプトンやブラックモア、マルムスティーンのようなテクニシャンが多いので、何となく気が引けて、SGを弾く事が増えています。ただ、やっぱり、斎藤誠の影響か、宮本浩次の影響か、テレキャスター欲しいな・・・とつい考えてしまいます。
ギター ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。