So-net無料ブログ作成

2010 音楽10傑を考える!(その1) [不明]

 早いもので、もう年末、明日には新年なのですが、年々、新年の喜びが少なくなっているこの頃です。さて、2010年は、いろいろあったのですが、音楽も沢山聞いた年でもありました。最初は、お気に入り10曲を考えてみようと思ったのですが、なんとなく、まとめたりが大変そうなので、音楽に係る印象に残ったことを10個ほどまとめてみようかと思いました。
1、真心ブラザース 拝啓 ジョンレノン 
 このバンドは聞かず嫌いの代表みたいなバンドですが、BEST盤を聞いて気に入りました。特に聞く機会が多かったのはこの曲でした。ジョンレノンのことを「ダサいおじさん」「バカな平和主義者」「現実見てない人」等々歌っているのですが、とてもジョンレノンに対する愛情がいっぱいの曲でもあり、YO-KINGさんの、歌声や歌詞には、なんとなく面白くない気分の時には救われた感じがしました。本当に音楽の好きな人たちと思います。
2、ブラックサバス Disturbing The Priest
 アルバムBorn Ageinからの選曲です。この曲のイントロと言うかリフは今年、衝撃を受けた中ではショックの大きいものでした。今年はサバスの輸入盤やら中古など、何枚か買った年でした。最近はトニーマーティンのサバスを聴く機会が多かったのですが、このアルバムは、トニーアイオミがなんとなくリッチーを意識しているみたいな感じがして、特別な感じの一枚でした。
3、スペクトラム サンライズ
 ウエスタンラりアートのスタン・ハンセンの入場曲です。これは、なんか気分の乗らない時に選んで聞いていました。また、なぜか、前に出なくてはという場面では、頭の中で聞こえる曲で、くだらないのですが、食べ放題の店に行く前の気合いというかのは、まさにぴったりでした。
4、フレディ・マーキュリー Barcelona
LOGメンバーの、老年蛇銘多親父さんのこの曲の記事を見て、思わず買ってしまった1枚。クイーンの曲は好きな曲も多いのですが、たまに聴きたくなると言った感じのバンドでありました。ただ、この曲で改めてフレディの歌唱力にびっくりさせられました。
5、HAWAIIAN6 Black out
近所のレンタル店でなんとなく借りてみた「BONDS」の中の1曲、この曲が好きな理由はと聞かれると、具体的にどうだからというのが難しいのですが、メロディがなんかきれいな感じでありながらも、激しいというかスピード感のある演奏です。自分は第2次バンドブームの時代を生きてきたわけですが、ギターの早弾きや、高音のボーカルの方たちが出てきたときに、こういった音楽はどんな形になっていくのだろうと思いました。「X」やらビジュアル系のバンドが出てきたときには、これは進化する音楽なのかと思いました。ヘビーメタルともパンクとも言えない、ある意味中途半端なジャンルではないかと考えていたわけです。ただ、このバンド聞いてみて思いました。自分から見ればジャンルの無い音楽だった分野をずっと聞いて、憧れていたら、こういった音楽になるのだろうという感じです。一つの完成形みたいに思いました。歌詞は英語なのですが、逆にとても日本らしく感じました。
 
 さて、ここまで考えるのにもかなりの時間を割きました。明日の夜は特に見たいTVがあるわけでもないので、残った5つの項目を考えてみたいと思います。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

老年蛇銘多親父

私の記事で、フレディ・マーキュリーを聴いていただき恐縮です。

ジョンレノンのこと
=====
「バカな平和主義者」「現実見てない人」
=====

とありますが、これ今だから言えることだな思います。[嬉しい顔]

レノンが平和運動をしていた時は、ベトナム戦争が続いて泥沼化していた時期。

私たちの日常にも日々虐殺のニュースや無差別の空爆のニュースが届けられ、東京の空の上は連日、アメリカ空軍の輸送機が飛び交い、時はF105ジェット戦闘機が轟音をたてて飛んでくるとういう緊迫したものがありました。

その中で見たレノン平和運動、当時は大変叫喚を感じたものでした。[揺れるハート]
by 老年蛇銘多親父 (2010-12-31 08:49) 

JJ-1

老年蛇銘多親父様 [ハート]並びにコメントありがとうございます。 確かに、今だから言えることですね。音楽で戦争反対を唱えたり、平和の尊さをメッセージとして、音楽を通じて平和を祈る、代表的な騎手がジョンレノンだったと思います。だからこそ、彼の曲「イマジン」やクリスマスソングは、時を経ても色あせない、名曲であると思います。ただ、この、拝啓 ジョンレノンと言う曲については、そういったレノンの活躍していた時代に立ち会うことができなかったことが残念と言う気持ちがにじみ出ています。10代中頃でファンになったら、ブルース・リーと同じようにレノンは、この世にいなかった。YO-KINGさんはきっと、無念だったtのだろうと思います。
by JJ-1 (2010-12-31 17:46) 

JJ-1

Contrex様[ハート]ありがとうございます。なかなか、こういったまとめ物は書くのが難しいものです。
by JJ-1 (2011-02-14 00:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。